研究開発

a. パイプライン

ⅰ. 開発パイプラインの一覧

4つパイプラインの進行の詳細

対象疾病と特長

1) DFP-10917
対象疾病
難治性・再発急性骨髄性白血病
特  長
投与量を低用量・長時間とし、投与経路も点滴による持続静注とした新規のデオキシシチジン誘導体
2) DFP-14323
対象疾病
肺がん(EGFR 遺伝子変異陽性非小細胞肺がん)・低用量EGFR-TKI 併用
特  長
既承認薬の急性非リンパ性白血病治療薬(ウベニメクス)の免疫反応調節作用に着目した薬剤
3) DFP-11207
対象疾病
固形がん(膵臓がん、胃がん)・抗がん剤併用
特  長
5-FU系抗がん剤で発現していた血小板減少の副作用がない薬剤
4) DFP-14927
対象疾病
固形がん(膵臓がん、胃がん)、骨髄異形成症候群
特  長
週1回投与で血中濃度が安定するDFP-10917の高分子デリバリー
5) DFP-10825
対象疾病
腹膜播種転移がん(胃がん・卵巣がん)
特  長
RNA干渉の核酸医薬で、腹腔内投与で効果を示す工夫をした薬剤
6) DFP-17729
対象疾病
固形がん(末期の膵臓がん、悪性黒色腫、胃リンパ腫、等)
特  長
医薬品として承認・販売されているアルカリ化製剤に着目した開発品

ⅱ. 開発パイプラインの進捗状況

4つパイプラインの進捗の詳細

b. ライセンス

ⅰ. 収益モデル

4つパイプラインの進行の詳細

<主な収入の内容>

収益名内容
契約一時金 契約締結時に一時金として受取る収入
マイルストーン 研究開発の進捗に応じて、事前に設定したイベントを達成した際に受取る収入
開発協力金 研究開発費用に応じ、提携会社が負担する分の収入
ロイヤリティ 医薬品販売後に売上高に応じて受取る収入

ⅰ. 開発パイプラインの特許取得状況

4つパイプラインの特許取得状況

ⅱ. 提携パートナー

開発品パートナー名称国名契約品目契約締結日契約内容契約期間
DFP-10917 日本新薬㈱ 日本 医薬品製造販売 2017年3月24日 DFP-10917の
独占的特許実施許諾
日本における特許権が消滅するまで又は販売開始後15年のいずれか遅い方まで
DFP-14323 協和化学工業㈱ 日本 医薬品製造販売 2016年4月27日 DFP-14323の
独占的特許実施許諾
日本における特許権が消滅するまで又は本契約締結後15年のいずれか遅い方まで
DFP-17729 日本ケミファ㈱ 日本 医薬品製造販売 2020年3月26日 DFP-17729の
独占的特許実施許諾
日本ケミファ㈱及びサブライセンシーが本製品の販売を終了するまで

c. がん化学療法専門誌、専門学会における活動

DFP-10917

  • Conference
    American Society of Hematology 58th Annual Meeting & Exposition San Diego, CA /December 2016
    Title
    Phase I/II Study of DFP-10917 in Relapsed/Refractory AML Demonstrates Efficacy and Safety Profile Suitable for Phase III Study
    Presenter
    H. Kantarjian, E. Jabbour, G. Garcia-Manero, T. Kadia, C. Dinardo, N. Daver, G. Borthakur, N. Jain, J. Waukau, M. Kwari, F. Ravandi, B.Anderson, K. Iizuka, C. Jin, C. Zhang, W. Plunkett
  • Journal
    International of Oncology January 16, 2018
    Title
    Analysis of the prolonged infusion of DFP-10917, a deoxycytidine analog, as a therapeutic strategy for the treatment of human tumor xenografts in vivo.
    Author
    Kenzo Iizuka, Chun Zhang, Kokoro Eshima, Cheng Jin, Kiyoshi Eshima, Masakazu Fukushima

DFP-10825

  • Journal
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 38: 355-363, 2011
    Title
    Combined therapy with a thymidylate synthase-inhibiting vector and S-1 has effective antitumor activity against 5-FU-resistant tumors.
    Author
    KYUICHI KADOTA, CHENG-LONG HUANG, DAGE LIU, HIROYASU YOKOMISE, REIJI HABA and HIROMI WADA
  • Journal
    Molecular Pharmaceutics 2016, 13, 3955.3963
    Title
    Systemically Administered RNAi Molecule Sensitizes Malignant Pleural Mesotheliomal Cells to Pemetrexed Therapy
    Author
    Amr S. Abu Lila, Masakazu Fukushima, Cheng-Long Huang, Hiromi Wada, and Tatsuhiro Ishida
  • Journal
    Cancer Letters 400 (2017) 223-231
    Title
    Metronomic S-1 Dosing and thymidylate synthase silencing have synergistic antitumor efficacy in a colorectal cancer xenograft model
    Author
    Amr S. Abu Lila, Naoto Moriyoshi, Masakazu Fukushima, Cheng-Long Huang, Hiromi Wada and Tatsuhiro Ishida
  • Journal
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 48: 1399-1407, 2016
    Title
    Downregulation of thymidylate synthase by RNAi molecules enhances the antitumor effect of pemetrexed in an orthotopic malignant mesothelioma xenograft mouse model
    Author
    AMR S ABU LILA, CHIHIRO KATO, MASAKAZU FUKUSHIMA, CHENG-LONG HUANG, HIROMI WADA and TATSUHIRO ISHIDA

DFP-17729

  • Journal
    ANTICANCER RESEARCH 40:873-880 (2020)
    Title
    Effects of Alkalization Therapy on Chemotherapy Outcomes in Metastatic or Recurrent Pancreatic Cancer
    Author
    REO HAMAGUCHI, RYOKO NARUI and HIROMI WADA